イノベーションの手法として、
デザインシンキングが話題になっていますが、
それに紐付く記事を紹介します。
変化の時代には「信頼」でしか追いつけない by Forbes

デザインシンキングは簡単に言えば、
物事を様々な視点で見ることによって、本質を突き詰めていく手法です。
そのためにアイディアを広げて、収束させていきます。
視点が増えると新たな気付きも生まれたり、
その時点で多くの候補があるので、
あとでやっぱり…というケースが減り、議論の質も効率も向上するわけです。

こう考えるとデザインシンキングは、
スピード感を求められる昨今の世の中で、
効率的に進められるので、受け入れられてるとも言えますね。

考えるよりも、行動。
Actions speak louder than words.

以下、デザインシンキングの考え方で参考になる本です!
デザイン組織と言っていますが、抽象的なデザインシンキングを論理的に分かりやすく説明しています。

変化の時代には「信頼」でしか追いつけない by Forbes

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です